忍者ブログ



2017年12月12日

◆[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





2005年02月15日

◆映画「その時、その人々」

20050215a.jpg

ああ、遂に出たかという感じ。

あの、「朴正煕射殺事件」を主題とした韓国映画が。
いつか出るような気はしてたのだが…。

「その時、その人々(그 때 그 사람들)」

タイトルの由来は、当時の会食時に、
歌手・沈守峰によって歌われた「その時、その人(그 때 그 사람)」。

公式サイトや関連記事も見てきた。

まぁ、正直言って期待薄。

ドキュメンタリーと言うよりは、エンターテイメント色が強そうな感じ。
映画なんだから仕方がないと言えば仕方がないんだけど。

何故か、金載圭部長や朴正熙大統領、車智澈室長は実名なのに、
金桂元室長や朴善浩儀典課長らしき人は偽名になっていた。
ナンですか……?“死人に口ナシ”ってヤツですか…(苦笑)。

俳優さん本人のインタビューでも、実在人物をリアルに
再現しようという気はハナから捨てているようだった。

ま、エンタメなんだから仕方がないんだけど。

これまでの再現系ドラマや映画では、朴正煕大統領だけは
極力実物に似た俳優サンを起用していたのに、
今回の朴大統領は似てないな…。

このテのエンタメに、リアリティーなんか要求しちゃいけないんだろうけど。

予告ムービーを見ただけでは、今ひとつ主題が掴めないのだが、
要はブラックジョーク的な内容なんだとか。

現代政治史の再現モノと言えば、何となく、金炯旭失踪事件をモチーフにした
映画「蒸発(監督:申相玉、主演:金煕羅、94年)」を思い出した。
アレはかなり描写が過激で、こんなん出して大丈夫かってレベルだったのだが。

ところで、この映画、実際のフィルムを取り入れた部分が問題になっているらしい。
朴正煕元大統領の長男・朴志晩(박지만)氏がクレームを付けたとか。
そりゃ、身内は嫌だろうけどね。

韓国って、割とそういうプライバシーとかはお構いナシだよね。
PR




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

◆「韓察日記」について

10.26事件に関する補足と
MBC共和国シリーズ中心の
韓国雑記的ブログ。更新激少。
リンク&アンリンクフリー。
詳細はコチラ



10.26朴正煕大統領射殺事件




◆新着

金桂元元KCIA部長 (06/12)
検索ワード別の御案内 (05/19)
共和国シリーズOP (10/12)
韓国語辱說集 (06/05)
李厚洛元中央情報部長が死去 (04/11)

◆カテゴリー

未選択(0)
朴正煕軍事政権(11)
MBC共和国シリーズ(24)
12.12粛軍クーデター(6)
音楽(3)
その他(3)
このブログについて(2)

◆月別アーカイブ

2011年06月 (1)
2011年05月 (1)
2010年10月 (1)
2010年06月 (1)
2010年04月 (1)

◆ブログ内検索


◆RSS

RSS 0.91
RSS 1.0
RSS 2.0

◆アクセス





◆Powered by

忍者ブログ
[PR]

©HY 2005-2011